療養放射線技師の仕事内容と年収について

療養放射線技師の仕事内容と年収について

療養放射線技師とは、療養型の病院で働く放射線技師のことをいいます。X線撮影・CT検査・MRI検査・マンモグラフィ検査など放射線や超音波を使った機器を操作し、主に検査を行う仕事になります。医師が立案した計画の下で、放射線治療を行うこともあります。仕事の内容は病院によって差があり、特定の専門分野に特化した検査のみを行うこともあるようです。
放射線は適切に取り扱わないと、被爆してしまう恐れがあります。そのため誰でも扱えるわけではなく、療養放射線技師になるには国家資格が必要です。人の体に放射線を照射することができるのは、医師の他には放射線技師しかいません。直接患者の治療に関わることはあまりありませんが、医師の正確な診断や治療には欠かせない職業といえるでしょう。撮影する部位や撮影の仕方などで結果に差が生じることもあり、技術力が必要な仕事でもあります。
療養放射線技師の年収は、約500万円ほどになります。年齢によっても差があり、20代などの若い世代では350万円から450万円程度です。年齢が上がるにつれて年収は上がる傾向にあり、30代だと500万円から550万円ほどがボリュームゾーンとなっています。年収のピークは50代で、750万円ほどになります。勿論、勤務する病院によっても違いますし、地域性等もあります。
また、正社員としてフルタイムで働くわけではなく、非常勤としてパートタイムで働いている人もいます。国家資格が必要な職業のためニーズがあり、女性でも活躍している人は大勢います。ただし、子育てなどでプライベートを充実させたいという場合には、パートタイムで働くことが多いようです。非常勤のパートタイムだと、年収はフルタイムよりも低くなります。60歳を超えてからも働いている人もいますが、定年を越えてからは再雇用となるので給与がカットされることが多くなっています。それにより年収のピークは、50代頃となっているのです。

page top